温泉と食い倒れ旅  ~道後温泉~~

朝4時に起きて・・・・
6時に犬の散歩

画像


たまの早起きもいいもんだ
画像




9時半の飛行機で松山へ

そのまま道後温泉へ直行!!!

画像



きたよ~~~


駅前の坊ちゃん列車

画像


駅前にはからくり時計や足湯なんかもあった
(↓これは夕方撮影)
画像


画像





到着したのがちょうどお昼時間だったので、早速お昼ご飯

道後温泉に向かう途中の路地を少しはずれた所に水口酒造という蔵元があって、
そこが経営している料理屋さんがあるのでそこで食べることに

こちらのお店の名物の桶料理
画像


女性向きのお総菜が少しずつの桶。
1つ1つがとてもやさしい味付けで美味しかった~~~
せっかくだからお酒飲みたかったけど、この後お風呂に行くつもりだったので泣く泣く諦めたよ・・・・

デザートに冷たい甘酒いただいた
これねぇ、私の大好きな酒粕の甘酒なんだけど、多分ココナツ少し入っているみたい
画像




お腹いっぱい




宿泊先は道後温泉のすぐ裏なのでホテルに荷物を預け、いざ温泉へ


画像


・・・・今日ね、超暑い
いい汗かけそう


・・・・私、屋根瓦、鬼瓦とかも大好きなのでアップしとく鬼板
画像




ちなみにこちらは皇室専用の出入口「御成門」
ちょうど今の玄関の裏側にあたる。
画像


画像

画像



そして有名なこちらの風景(北)
画像


画像


宮崎アニメのモデルになったという元玄関側。
私、風景が大好きだわ
特にてっぺんのサギがいる振鷺閣と呼ばれる太鼓楼。
ココを見てるだけでも飽きることはない。



こちらの温泉、入るには段階がある。

普通の銭湯と同じように使用する。
2階席で休憩入れて入る。
3階の個室で休憩入れて入る。

・・・・・それぞれ金額が違う。
旅行者へのオススメは2階席。
でも私たちの狙いは8部屋しかない3階個室
予約できないから行った時に空いてないと入れないのよね~~

受付に聞いたら10分くらいで空くと思うと聞いたんで温泉前で待った。


道後温泉は時間制限あるのよね・・・。



というわけで、晴れて3階の個室へ

まず部屋で浴衣に着替えてお風呂へ。

2階の小広間と3階個室の人だけが入れる霊の湯へ案内される。
お湯は単純アルカリ泉。
お肌ツルツルする美人の湯

希望があれば通常のお風呂、神の湯も入ることが出来るので3階はお得

お風呂の後は部屋に戻ると、お茶と坊ちゃん団子が付いてくる
画像


この部屋に抜けていく風は本当に心地よく、
また外から聞こえてくるお風呂のカッコ~~ンという響きが最高に気持ち良くさせてくれる
究極の癒やしの時間
画像



私たちの部屋はラッキーなことに坊ちゃんの間と呼ばれる見学部屋の目の前だったので、ゆっくり見学も出来た。
画像



・・・・・時間制限1時間20分。
あっという間だった
できれば昼寝していきたいくらいだった。



で、このコース、又新殿という天皇陛下が使用したお風呂を見学できる。
皇室専用のお風呂を見て終了~~~。



夕方から混んでくるようなので、ちょうど良かったかも
私はお風呂もさることながら、この建物がとても気に入ったので、
この後夕方と夜も見に行っちゃった



風呂上がりに食べたオレンジのジェラート美味しかった~~~~
画像




つづく・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0