長崎2日目 ~歴史探訪 午前の部~

予報は

で、朝起きたら結構な雨

今日はメインイベントが待ち構えている日なのに

そのイベントの前に、母の希望でホテルから5分くらいのところにある孔子廟に行ってみることに。
オランダ坂から真っ赤な屋根がよく見えるんで、寄ってみたくなるんだよ

画像


わたしたち、朝1番のお客さん

画像


画像



思ったより広い!

画像


画像



奥には博物館もあって思ったより時間かかったよ。
もう少しゆっくり見られたらよかったんだけど・・・・。




雨は一瞬止んだんだけど、孔子廟出る頃にはまた雨脚が強くなってきた


途中のコンビニでカッパを買う。



ホテルから港までは徒歩1分くらい。
今回のホテルを選んだのもそのため。

孔子廟からも10分かからず港に到着。
早く着いたので、港近くにある「べっ甲工芸館」でべっ甲作品見てから港に向かう。


この船でいよいよ軍艦島
11時前に出航。

画像



甲板にあがることもできるんだけど、雨が意外と強かったので私たちは船内に座ることにした。
軍艦島では見学ルートが限られているので傘の持ち込み禁止。
カッパ必須




軍艦島に向かう間もずっと三菱造船所を間近にガイドさんが解説してくれたり、各島々の説明などしてくれたんでとても楽しむことができたよ
船から見る長崎はまた格別に良かった

これは三菱造船所の中でも最大なドック
途中の島にあるので、ここからじゃないと見られない
とにかくデカイ!!!

画像



伊王島などを通過して30分程度でいよいよ軍艦島がみえてきた

この角度から見える島の形が軍艦「土佐」に似ているから軍艦島。正式名称は端島。

画像


やはり他の島とは違って異様な光景。
この島の実際の土地は高台部分だけで、あとは全て埋め立てらしい。
全長にしても480mしかない小さな島。
こんな島に最盛期は5000人以上の住民が住んでたというんだから驚かされる。


上陸して見学できるコースはかなり限られているので、上陸前に1周してくれる。

船内から撮ってる上に雨なんで、不明瞭な画像ですんません

画像


画像




画像




またこの雨だと異様さが増すね~



いよいよ上陸!


だけど雨まだ降ってるよ~~~

画像


画像



これが日本で最初の鉄筋アパート!
画像


画像


画像



右奥に見えるのが当時の学校だそう
画像




なんと見学の途中で雨あがる

かなり蒸し暑くてカッパ着てるのもつらかった~~~


島出る頃には青空だよ~~~


画像



帰りは甲板の方へ

画像




なんだろう・・・・不思議な気持ちになる島だった。

機会があればまた来たいな



ガイドさんも昔実際に住んでた人なので、解説がわかりやすくて面白かった



港に戻ったのは14時前。


すっかり雨も上がって青空になったので、1度ホテルに戻って夜の稲佐山展望コースの無料バスの予約することにした
これなら夜景が見られる






午後の部につづく・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)